気のせいかもしれませんが、自分の中にはなんとなくそういうイメージがあるのです。例えばせふれとセックスすることで、どうやったら相手をよりいっそう喜ばせることができるのかということはよく考えます。

男性が望むセックスと女性が望むセックスのやり方というのは少し違うものなので、その差をわかっていなければ、いつまでたっても女性を本当の意味で満足させられるようなセックスはできません。特に女性は、自分にとって「そうしたほうが利益がある」と感じたら、たとえ本当は満足できないセックスであっても、わざと「感じているフリ」をします。そうすることで、男性に対して優越感を与えることができるからです。

女性をセックスで満足させることができたと勘違いした男性は、基本的にはその女性に対して優しくなるものです。セックスの時に女性が満足しているということは、少なからず自分に対して好意を持っているのだろうというふうに考えるからです。
でもその考え方ではだめなんですよね、厳しいようですが、本当の意味で女性を満足させることはできないんです。女性に「セックスの時は無理にでも感じているフリ」をさせるのではなくて、本当に感じさせる、ためには如何すればいいか、それはもう究極なことを言うようですけど、たくさんの女性とセックスしまくってテクニックを磨くしかないと思います。

女性を満足させられるようなセックスをするためには如何すればいいか、それはもう経験を積むしかありません。たくさんの女性とセックスしまくるしかないのです。もちろん、女性によってどのようなセックスをしてほしがっているか、どのようなセックスを望んでいるかというのは少しずつ違うので、ある一人の女性を満足させられたやり方ですべての女性を同じように満足させられるかどうかというのは分からないんですけど。

それにしたって、テクニックを磨くためにはやりまくるしかありません。出会い系サイトを利用してセフレを募集するということについて反感を持つ人もたくさんいるでしょうが、基本的に、人間関係を維持するというのは苦悩の連続なので、誰とどのような形で付き合ったって必ず自分にとって経験値を積むような結果につながります。

たくさんの女性とセックスするだけではなくて、コミュニケーションを重ねることで、だんだんと女性の気持ちみたいなものがわかるようになってきます。