これは本当のことです、私自身が出会い系サイトを利用していて実感しました。男女の出会いを求める際、パートナーとの趣味が合うかどうかというのは非常に重要な問題ですが、誰とどんなことで意気投合するのかというのは本当に誰にもわかりません。ぶっちゃけ自分にもわからないんです。

もちろん誰にだって趣味はあると思うのですが、自分がもともと持っている趣味でパートナーと意気投合するという場合もあれば、出会い系サイトやアプリを利用して知り合ったパートナーに影響されて新しい趣味に目覚めるということもいくらでも考えられます。

私の場合は特にそうでした、私は別に、何でもかんでも人の言いなりになるタイプではないのですが、いつの間にかセフレと共通の趣味を持って意気投合していました。セフレに勧められたものにはまったんです。私の場合はJPOPでした、これまでは洋楽しか聞かなかったのに(むしろJPOPには反感すら持っていた時期があるのに)セフレの影響でなんか最近ではJPOPをたくさん聞くようになりました。

以前なら、ほとんど見ることなくチャンネルを変えていたJPOPの歌番組も、最近ではよく見ます。私のセフレがやっているように、わざわざ録画までしてみることは無いんですけど……それでも、JPOPに対する興味は以前よりずっと高くなりましたね。

私がそもそもなぜ、JPOP嫌いなのかというと、それは私のカラオケ嫌いが非常に関係しているのです。私は実は唄がめちゃくちゃ下手くそでして、それはセフレにも指摘されて、できればカラオケなんて絶対に行きたくないというくらいです。JPOPだったら、日本語で歌っている分カラオケでいれてもなんか自分がへたくそなのがよりいっそう目立ってしまうような気がするのです。

ところが洋楽ならどうせきれいな発音で歌えなくても恥ずかしくないというイメージがあって、自分のコンプレックスが刺激されるということもないのです。洋楽は聞いているだけでもいいということでなんとなく気楽だし、趣味が洋楽っていったらなんとなくカッコいんじゃないのというイメージが私の中にありました。私が勝手にそう思っていただけなので、実際にカッコいいのかどうかは分かりませんが……少なくとも私のセフレは、私の洋楽趣味にほとんど理解を示してくれませんでしたし……。

基本的に恋愛の世界はレディーファーストだと思うので、例えばお付き合いしている男女の趣味がすれ違ったりしたら、男のほうが女性に譲るものなのです、だから私はまずセフレのJPOP趣味に合わせようと思いました。

http://xn--ism-ii4bpk1dr27vh2e646i.com/apuri-sehure/